いびき防止ナビ


横向き睡眠の習慣に「イビカナイト」

いびきの防止には様々な方法があります。
その中でも簡単なのは、横向きに寝ることです。
確かに横向きに寝ているといびきをかかないことがあります。
しかし、人間は寝返りをうつのでずっと横向きに寝ていることは難しいですね。

もう1つ簡単なのはいびき防止グッズを利用することです。
アイキ産業のイビカナイトというグッズが面白いですね。
イビカナイトは睡眠時にベルトを巻くだけで簡単に使えます。
上向きで寝ると振動して教えてくれるので、無意識のうちに横向きで寝る習慣がつくそうです。
価格は18,000円とちょっと高いのですが、気になる方は調べてみてください。

ノゾヴェントとは?

鼻呼吸が出来ないと、いびきをかく原因になることはよく知られています。
ということは、鼻呼吸が出来ればいびきの解消に役立つはずです。
鼻呼吸ができないのは、単なる癖なのか、それとも鼻に何かの障害があるのか見極めることが必要です。
もし鼻に障害があるなら、耳鼻咽喉科などで診察してもらうと良いです。


また、鼻呼吸を助けるためのグッズもあります。
有名なところではノゾヴェントがあります。
ノゾヴェントは、スウェーデンの医学博士が開発したものです。
ノゾヴェントは医療用プラスチックで作られています。
装着時には鼻の内側の粘膜部分にあたらない作りになっているので安心です。
装着すると鼻腔が広がるので、空気の通りが良くなります。


ノゾヴェントは毎日装着しても約3ヶ月使用することができるので、1個あるだけで結構使えます。
何年もかけてテストと改良が行われているので、品質は高くなっています。
危険性もないので、気軽に試すことができますね。

いびきについて

いびきと言えば、本人は気付いていなけど、他人に迷惑をかけていることってかなりありますよね。
寝ている間の事なので、他人に言われるまでは自分のいびきにはなかなか気付きません。

いびきをかくのは、肥満の男性というイメージが一般的です。
しかし、近年では男性だけでなく女性にとっても深刻な問題になりつつあります。
それも特に小顔な女性に多いとか。
その理由は、顎が小さいために寝ると舌の付け根部分が、喉のほうへ落ちてしまい喉が狭くなってしまうからです。
空気の通り道がふさがれて、通り抜けようとする際にいびきが発せられます。

では、いびきの防止や予防には、どのような方法があるでしょうか?

まず一番簡単ないびき防止方法は、横向きになって寝ることです。
寝相が悪くて、長時間横を向いていられない場合は、背中にクッションや枕を当てるのもおすすめです。
横向きに寝ることで、喉の通りが良くなって、いびき防止が出来る場合もあります。
いびきが心配で、友人・知人との旅行に行けないという方も、横向きに寝るのを試してみてはいかが?

睡眠時無呼吸症について

十分な睡眠時間をとることは、健康な生活には欠かせません。
しかし、睡眠時間が長いだけでは十分な睡眠とはいえません。
毎日8時間の睡眠をとっていたとしても、いびきをかいていれば十分とは言えないかも。

いびきをかいていると睡眠は浅くなります。
つまり、いびきをかいている人は慢性的な睡眠不足状態の可能性が高い。

また、睡眠時無呼吸症なら問題はより深刻です。
大きないびきが繰り返しているうちに、突然いびきが止まって静かになり、しばらくしてからまたいびきが繰り返される。
こんな指摘をされたことはないでしょうか?
もしあるなら、睡眠時無呼吸症の疑いがありです。

睡眠時無呼吸症

7時間の睡眠中に、10秒以上の呼吸停止が30回以上繰り返す状態を睡眠時無呼吸症といいます。 睡眠時無呼吸症の恐ろしいところは、本人に自覚がないことです。 家族が同居していないと、なかなか気付くことができません。 もしかしてと思う方は、いびきを録音してみるのも1つの方法です。


家族と同居しているなら、いびき防止のために手伝ってもらうのが良いです。
口をあけて寝ているときは、横向きに寝かしてみるとか、頭の位置を変えてみるのもいびき防止の方法です。

それでも、いびきが続くなら、病院で検査を受けることも考慮に入れたほうが良いでしょう。

マウスピースを使ったいびきの防止

マウスピースを使用して行ういびき防止法があります。
マウスピースはネット通販などで簡単に手に入るので、気軽に試すことができるいびき防止法です。
ただし、軽いいびきの場合に限ります。

マウスピースを使うと、アゴが固定されます。
アゴを固定することで、口を閉じることができます。
すると口呼吸ができないために、鼻呼吸になり、いびきの防止が出来るというわけです。

マウスピースは、自分のアゴにあったサイズであることが大切。
そのため、病院で自分のアゴに合わせて作ってもらうのが理想的です。

睡眠時無呼吸症候群の検査をしている病院の検査結果に基づいて作られたマウスピースには、保険が適用されるのも嬉しい点です。
ただし、顎関節症、総入れ歯、アレルギー性鼻炎などで鼻が詰まっている、などの場合にはマウスピースは使えないそうです。
また、子どももマウスピースを使うことができません。
子どもは成長により、骨格が変わるからです。

初めのうちはアゴに違和感を覚えたり、痛みを伴う場合もあるので、病院で相談しながら使うのが良いでしょう。

いびきを検知する枕

いびきを確認できる枕があります。
大手ブランドのフランスベッドから販売されている枕です。
以前、テレビでも紹介されました。
この枕の仕組は以下のようなものです。
まず、この枕にはセンサーが付いています。
このセンサーがいびきを検知するのです。
3回検知すると、自動的に枕が振動します。
振動すると、寝ている人に取ってはしっくりきません。
すると、しっくりさせるために、自然に頭の向きを変えるのだそうです。
ホントにそんなに上手く頭の向きを変えるのだろうか?という疑問は残りますが、いびきにお悩みなら試してみる価値はあるかもしれません。

枕の選び方について

いきびをかくと十分な睡眠を取れないことがあります。
睡眠時間を十分とっていても、日中に眠気を感じる方は睡眠の質が悪いかもしれませんよ。
健康に気をつけていても、睡眠の大切さを考えている人は多くないようです。

寝る時に大切なのは、寝ているときの姿勢。
寝ているときに首に負担がかからないようにするのが大切です。
合わない枕で寝ると、腰痛や肩こり、頭痛、首痛の原因になることもあります。
では、どのような枕が良いのでしょうか?

枕を選ぶ時に大切なポイント:
・首を支える部分が高すぎても低すぎてもいけない
・寝返りしやすい

枕が高いとあごが引けて喉を圧迫します。逆に、低いと頭が下がって口が開いた状態になってしまいます。
どちらも、いびきの原因となります。

また、睡眠中は何度も寝返りをしています。
もし寝返りをしないと、血流が悪くなり様々な悪影響が出ると考えられます。
枕の高さがあっていないと、寝返りをしなくなったり、寝返りしたとしても首を痛めたりします。

最近では睡眠に悩む人が多く、さまざまな種類の枕が売られています。
いびき防止のためのオーダーメイドの枕や、いびきが出にくいとされている抱き枕、低反発ウレタンを使った枕など様々です。
ご家族にいびきで悩んでいる方がいるならば、お誕生日などにプレゼントしてはいかがでしょう?
いびき防止になる上に、健康な体も取り戻せて、喜ばれるのではないでしょうか。

睡眠時無呼吸症候群について

いびきの中でも問題になりがちなのは、睡眠時無呼吸症候群です。
日本には約200万人の睡眠時無呼吸症候群の方がいると言われています。
睡眠時無呼吸症候群は、放っておくと心臓病や脳血管の障害をひきおこす可能性があるので注意が必要です。
しかし、自覚症状がないのが特徴で、自分ではなかなか気付きません。

自分では気付けないので、一人暮らしの場合は、深刻な問題であるとも言えます。
次のような場合には睡眠時無呼吸症候群を疑ってみましょう。
・夜ちゃんと寝ているのに、昼間眠くなることがよくある
・仕事中や運転中などに、強い眠気がおそってくる
・肥満気味である
このような条件に当てはまる場合は、睡眠時無呼吸症の可能性があります。

先程も述べましたが、睡眠時無呼吸症候群を方っておくと、重い病気を引き起こすことがあります。
それを防ぐためにも、早いうちからいびき防止の方法を見つけなくてはいけません。


喉や鼻に障害がある場合、外科手術によるいびき防止方法があります。
それらに障害がない場合は、CPAP療法といういびき防止の治療法があります。

CPAP療法

CPAP療法とは、鼻にエアチューブの付いたマスクを装着し、空気を強制的に送り込む方法です。 いびきはもちろん、無呼吸状態もなくなります。


もし睡眠時無呼吸症候群かなと思ったら、まずは病院で検査を受けましょう。
呼吸器系や耳鼻咽喉科で相談してみると良いでしょう。
検査では、いびきや呼吸停止の有無、脳波、血圧、心拍数などのデータを記録するため、1泊の入院を必要とします。
料金は病院によって変りますが、約2万円ほどです。

睡眠時無呼吸症候群の検査方法

睡眠時無呼吸症候群の検査方法について詳しく説明します。

まず、検査はポリグラフィーという機械を使って行います。
準備はポリグラフィーの検査器具を顔や体に取り付けるだけ。
その状態で一晩寝ると、いびきの状態や無呼吸の長さ、寝ている時の体位まで記録されます。

夜の睡眠時間に行う検査なので、会社を休む必要はありません。
会社から帰ったら病院へ行き、一晩入院して検査を済ませれば、翌朝には会社へ出勤できます。


検査結果は、1時間あたりの無呼吸と低呼吸の回数で重症度を判定します。
無呼吸:10秒以上呼吸が停止する状態。
低呼吸:呼吸は止まっていないが、換気量が50%以下の状態。
これが1時間あたり、5~15回までを軽度、15~30回を中度、30回以上を重度と診断します。


検査後の治療

無呼吸の回数が少い、あるいは軽度であれば、マウスピースを使っていびきを防止します。
マウスピースは、睡眠時無呼吸症候群に詳しい歯科医で作ってもらうのが良いそうです。

検査の結果、重症度が20回以上であれば、本格的な治療を必要とします。
CPAPと呼ばれるいびき防止法により治療を行います。
CPAPは、酸素マスクのようなものを鼻にあてて寝るというものです。

酸素マスクといっても、部屋の空気を送り込む仕組みになっています。
CPAPは、重症度が20回以上であれば、健康保険を使って使用することができます。
CPAPは病院からレンタルでかりる形になり、自宅で使用しながらいびき防止をすることができます。

また、月に一度は検査に行くようにします。
最初はわずらわしく感じることでしょうが、実際に多くの方が睡眠時無呼吸症候群から開放されているといいます。
いびきに悩んでいるならば、病院で相談してみてはいかがでしょう。

CPAPについて

CPAP(Continuous Positive Airway Pressure)は、睡眠時無呼吸症候群の治療(または治療に使われる器具)です。

ここで1つ注意点があります。CPAPで、いびきをかかなくなるわけではないという事です。

いびきには、何かしらの原因があります。
喉にも鼻にも障害がないのに睡眠時無呼吸症になる人の多くは、生活習慣に問題があると考えられます。
肥満や酒・タバコがやめられないなどです。

肥満の方は、喉の気道が狭くなることが多く、いびきの原因となっています。
また、酒。タバコも喉の気道を狭くしたり炎症をおこす原因です。

CPAP治療と同時に、いびきの原因を取り除いていかなければいけません。
そうでなければ、いつまでもCPAPを行わなければいけないからです。
生活習慣を改めて、いびきの原因を取り除けば、快適な睡眠をとることができるでしょう。

睡眠時無呼吸症は放っておくと、死にいたることもある病気といわれています。
実際に、運転中に突然死をした人たちは、睡眠時無呼吸症だったという報告もあるのです。
自分の健康のために、いびき防止の治療を考えてみましょう。

その他

化学成分が多いシャンプーは頭皮を傷めます。自然な成分を配合した美髪シャンプーは頭皮に優しくできています。

最近では毛深い男性が嫌いという女性も増えて来ました。と言っても全身ツルツルが好きという人が多いわけでもないようです。そのためか、男性の髭脱毛も増えているそうです。

脱毛は痛いイメージがありますが、光脱毛はあまり痛くないと言われています。レーザーでは髭脱毛が痛いですが、光ならそうでもないのでおすすめです。

電車の中釣りで脱毛の広告をよく見るようになりました。それだけ脱毛エステが一般的な人気を得ているということですね。数年前と比べてもかなり料金が安くなり、気軽に試してみることができます。場所も駅チカだったり、ショッピングモールの中にあったりと、通いやすい立地条件です。興味があったら試してみると良いですね。

カフェインレスで体に優しいお茶といえばたんぽぽ茶があります。いくつも種類があるのでどれが良いのか迷いますね。そこで、たんぽぽ茶 人気ランキングでは人気のたんぽぽ茶を紹介します。

肌が乾燥する季節になるとニキビや吹き出物が出来ると悩んでいる方は多いです。乾燥が原因のニキビは大人になってからできるニキビの特徴でもあります。そのようなニキビや吹き出物を解消するには大人ニキビにおすすめの化粧水を使うことが大切です。

借金相談